リネレボ『血盟といふもの』

 

昨日、以前お世話になっていた血盟が『解散』すると聞いた。

サブキャラが所属しているので(席だけだが)、久しぶりに行ってみた。←悪い例

そこには…意外な人物がいてはり、びっくり仰天したんだけど…それは次の機会に書こう。

 

血盟の『解散』。

それは、血盟という器を消去する事だと私は思う。

その血盟の盟主からは、事前に『引退』するということは聞いていた。

『引退』は、個人の理由やモチベーション、その他にもいろいろな事情があるから、仕方のないことだと思う。

私はてっきり、盟主の座を血盟員の誰かに移譲して、盟主と副盟主が『引退』するものだと思っていたのだが、発表されたのは『解散』。

『解散』となると、意味が全く違う。

それまで、血盟員たちが築いてきた関係、時間、思い…それらが全部消去されてしまう。

それは、残される側にとっては…やりきれないものではないだろうか?

 

…なーんて、一番先にその血盟から飛び出した私が偉そうに言う資格はないんだけど( ̄▽ ̄;)

私は、その血盟が好きだった(*´ω`*)

みんな楽しい人達ばかりで、和気あいあいと日々を過ごしていたんだけども…

私は、他の血盟はどんな感じなのか、そして要塞戦を体験したい!という思いが強くなり、考えた結果、その血盟を旅立ち、単身、新たな環境へ進んだ。

それは、私個人のワガママであり、私の選択した道なので、血盟員のみんなに何を言われても受け止めなくてはだし、フレンドを切られても仕方ない、孤独になっても甘んじて受け入れるものだ。

…みんな優しくて、応援して見送ってくれた時は泣けたわー(இдஇ; )笑

 

今回の解散にあたっては、役職に就いている5名で話し合った結果らしい。

今後の身の振り方は、隠居が1名、移籍が4名とのことだ。

それを聞いて、思った。

『何故、それで解散になるんだ?』と。

血盟という器は、もちろんその5名の貢献によるものもあるが、他の血盟員だって貢献している。

打算的だけども、その貢献を無にする権利は役職の人達でもないと思った。

さらに、移籍する方の中には、『引退する前に一度要塞戦を体験してから引退する。』という理由の人がいた。

それ、おかしくないか?

引退記念に要塞戦をするならば、みんながいる血盟で、敗けてもいい、仲間たちと最後に!…と思うならわかる。

なのに、移籍して要塞戦をやってからの引退?

…それは、綺麗事でみんなを納得させようとした言い訳にしか聞こえない。

しかも、その方々3名は移籍先を既に決定していた。

それもかなりの上位血盟。

血盟員には『移籍先探してね』といきなり突きつけて、影で自分たちは移籍先決まってるとかありえん!!

…と怒り心頭したのは私だけ?( ̄▽ ̄;)

これは…引退する気なんかないだろwと、性格の悪い私は思い、たんまり嫌味を言ったんだが(´∀`)ヶラヶラ←極悪人www

何故、言い訳するんだろう?

上に行きたい、強いところへ!と思うのは、ゲーマーとしては至極当然なことだと思う。

ならば、それを表明して颯爽と去る方が、はるかに潔いと私は思う。

…まあ、それがその人達の人間性と言えばそれまで、たかがゲームと言えばそれだけの事なんだけどさ。

…その方々の身勝手によって、真剣に怒って泣いた血盟員がいたことは、書いておこうと思い今回の更新にd('∀'*)

 

話し合った結果、血盟は移譲されて継続することになった(*´ω`*)

新盟主は…これがまた、可愛いコなのだデレ(*´﹃`*)デレ

副盟主は…誰よりも血盟を愛している、あたたかい人だ( *´꒳`* )

去る人もいてはるけども…それは仕方ないこと。

彼女たちのペースで、彼女たちみんなが楽しめる血盟にしていってほしいと、心から願う(-人-)

 

 

 

 

PS

…マスター・ルカコのびっくり箱には、ほんまに驚いたよ(;´∀`)…ァハハハ…ハハ…ハ…